アレルギーを改善して健康に過ごすために

鼻炎というのは、鼻がつまり息がやりにくくなりますよね。そうなると、健康維持にも障害がでてきます。

アレルギーを改善して健康に過ごすために

鼻炎が健康維持を損なう

私は、いつごろからか忘れましたが嗅覚が弱いです。蓄膿症というわけでもありません。ただ、鼻づまりの症状が年中続いているといった感じです。乾燥の時期は、鼻が痒くなり、鼻血が出やすくなります。一度、鼻血を出すと続くので困ります。しかも、数年前から花粉症も発症しはじめましたので、春先には鼻炎で悩まされるくらいです。例えば、風邪のひきはじめには、くしゃみや鼻水が垂れてくるといった症状ですよね。

私の場合、普段は鼻水が垂れることがなく、ずっと鼻の中で詰まっているという状態です。ひどい時は嗅覚がなく、料理をしていても匂いを感じないときがあります。味見ができないというのは、いくら料理を毎日しているといえ味が調わないので不便です。そして、それが軽症の時は、鼻の奥の方でかすかに匂いが判ります。私の健康のバロメーターといいますか、ある症状があります。それは、鼻づまりが急激にひどくなり、詰まっているうえ垂れてくる、そのわりに鼻をかんでも出ないといった症状が現れると、その日の遅くや翌日くらいに38度の熱を出します。

鼻づまりがひどいと、どうしても呼吸が苦しくなりますので口で息をしようとします。そうなると、喉が炎症を起こしますよね。そこからウイルスが入り込みやすくなり、そのまま風邪になることがあります。また、十分に睡眠が取れないと思考能力の低下に繋がります。たかが、鼻炎と軽く考えていると、次々に身体に炎症が出てくるということに気づきました。

おすすめ情報

Copyright (C)2018アレルギーを改善して健康に過ごすために.All rights reserved.